Moving Bespoke forward one tailored solution at a time- Eita Oguri bespoke from japan is innovation filled with commitment.  This is a new frontier in luxury which is leading the way to a more personalized clothing relationship.  By Eita Oguri.
  • 〠604-8162
    京都市中京区烏丸通蛸薬師上る七観音町638
    東洋烏丸ビル3F
    TEL : 075-253-1838
    FAX : 075-253-1839
    Mail : info@eitaoguri.com
    URL : www.eitaoguri.com

 

c

Moving Bespoke forward one tailored solution at a time....

					
Profile 					
Eita Oguri					
					
He is a manager of BespokeTailor Oguri, a designer, fitter.					
He is a cutter, a tailor.					
He teaches sewing at school. 					
					
					
					
He worked in a select shop.					
His charge was sale, MD.					
He went to the foreign countries for buying in FIGO Co., Ltd. and designed the bag.					
About one year after					
He was management of the gallery(Classic car and picture ) . 					
					
He opened Bespoke Tailor Oguri (Old shop name“Sinner” ) in 2000.					
					
He was apprenticed to the tailor at 28					
He mastered the tailor's work in 4years.					
					
					
					
					
The career as his tailor might be very interesting. 					
					
He studied not the fashion at the university but psychology and anatomy . 					
Psychology and anatomy is very important for “Bespoke". 					
					
					
He can do all collections of Oguri project design. 					
Because he handled clothes all over the world and shoes. 					
The reason for he is and that the project and the design of various commodities are experienced. 					
					
He met a beautiful car and a beautiful picture, splendid artists in a gallery.					
The experience had a big influence on him.					
					
					
					
					
					
					
					
					
When he opened a business, he was a designer, and a producer. 					
But... two years later  He was apprenticed to a tailor.					
One day ,  Eita heard that there was not a successor from an old tailor.					
And he was determined to become the successor Taylor.					
He had a strong desire to create a suit that is suitable for making shoes 					
Nobuyoshi Seki Bespoke Shoes store for him.					
(Nobiyoshi Seki is a shoemaker of the top of Japan. ) 					
					
He kept training the tailor for four years while his managing his shop. 					
And, he mastered the tailor's work. 					
Then  He made an original paper pattern, original cutting, original sewing,					
 and an elegant silhouette of Oguri was completed. 					
He teaches tailors having carriers more than 50 years now. They trust Eita very much. 					
					
					
The artisan tends to become  a narrow minded  because training starts young. 					
For example, 					
A cutter and tailor the division.					
The tailor doesn't meet the guest though the cutter meets the guest. 					
The effort to evolve the work that the cutter and the tailor learnt further is not done. 					
					
					
					
Because a way faster is different from other artisans, 					
Eita is different in the way of thinking.					
He thinks about the balance of the whole body that at first there is an each person's visitor 					
most beautifully, and it is a figure.					
He makes the suit that the best comfort is provided without spoiling the beauty. 					
					
					
					
					
					
					
					
					
					
					
					
					
Bespoke Tailor Oguri					
We  maintain  tradition and the culture of Japan. 					
We value customer's individuality. 					
					
We make a suits, shirts, shoes, bags, leather goods and accessories made of silver.					
 These are all handmade by artisan in Japanese.					
					
The world is ready-made selection of shops (department stores), there are many.					
However, shops that offer Bespoke In total we would like less.					
					
Oguri is an emphasis on material development. 					
We are making the original cloth and linings.					
Especially, cloth of traditional handle of Japan and the lining of the mesh are popular. 					
					
Bespoke Suit	Oguri suits are very comfortable, and the silhouette is elegant, and it is Sharp. 				
	We make suits in their own cutting and sewing.				
					
Bespoke Shoes	The last of Oguri is very elegant. 				
	The shoemaker of the top of Japan is making shoes of Oguri. 				
	His name is Nobuyoshi Seki. 				
					
Bespoke Shirt	Our shirt applies the pattern of the suit and makes it.				
	They produce the best comfort and beautiful suit-style. 				
					
Accessories 	The accessories of Oguri are hand-carving. 				
	Oguri accessories are making a silversmith in Kyoto.				
					
Leather goods	Bag, wallet, and belt, etc.				
	These are all hand-sewn. 				
					
					
Company name	Bespoke Tailor Oguri				
Established	September, 2000				
President 	Eita Oguri				
Activity 	Tailor -made  suit,Shoes,Shirt,Accessories				
	Original Equipment Manufacturer				
	Paper pattern 				
Address	Toyo Karasuma BLD.3F,Shichikannon-cho,Nakagyo-ku,Kyoto City,604-0094 JAPAN				
TEL	(+81)75-253-1838				
FAX	(+81)75-253-1839				
E-mail	info@eitaoguri.com				
Web Site	http://www.eitaoguri.com				

					
Bespoke Tailor Oguri					
We  maintain  tradition and the culture of Japan. 				
プロフィール				
小栗栄太				
				
彼は BespokeTailor Oguriのコレクション全てのデザイン、企画をしています。				
また 採寸、寸法出し、フィッティングも彼が行います。				
スーツは、採寸から縫製までの全行程ができます。				
彼は学校で縫製を教えます。				
				
				
1992〜	大学在学中より 京都のセレクトショップにてバイイング、MDに携わる			
1997〜	株式会社FIGO にてバッグ、洋服の販売、企画、バイイング			
1998〜	クラシックカー、絵画のギャラリーのマネージャーとなる			
	そのギャラリー内で 自身のブランドの前身をつくる			
2000〜	Bespoke Tailor Oguri(旧店名 Sinner)を開業			
	(スーツをはじめ、靴、シャツ、鞄などの革製品			
	シルバーアクセサリー等のオーダーメイド)			
				
2002〜	スーツの仕立ての修行をはじめる			
2006〜	職人として技術を習得			
				
	現在に至る			
				
				
彼の経歴は少し変わっています。				
				
彼は 大学でファッションではなく心理学と解剖学を学びました。				
それらはお客様と話し合いながら、ともにつくりあげていく“ビスポーク”において				
とても生かされています。				
				
また セレクトショップでの販売、バイイングを通じて、世界中のあらゆるブランド、				
商品を目にし、様々なアイテムの企画、デザインも経験しています。				
故に Oguriのコレクション全ての企画デザインが可能なのです。				
				
車、絵画のギャラリーという、ファッションとは違う分野での経験も				
彼のデザイン、モノづくりに生かされています。				
				
				
				
				
				
				
				
職人になった経緯				
彼はデザイナー、プロデューサーとして店を始めたが、				
開業して2年が経ってから 職人としての修行を志す。				
スーツの仕立てを担当していた職人から、後継者がいないという話を聞き				
自分が後を継ぐことを決意。				
当初より展開していた 日本一の靴職人と称される関信義がつくり上げるOguriの靴				
にふさわしいスーツをつくりたいという思いもそこには強くあった。				
				
				
彼は自身の店を経営しながら、5年間の修行を続け技術を身につけました。				
その後 独自の型紙、裁断、縫製技術を確立し、Oguriのエレガントな				
シルエットが完成しました。				
現在は50年以上のキャリアを持つ職人達を指導する立場となり				
彼らから厚い信頼を得ています。				
				
				
職人の世界は若いうちから修行に入るため、視野が狭く、偏った考えになる傾向にある。				
そこには様々な理由があります。例えば				
カッターとテーラーは分業である、縫製を担当する者が実際にお客様の姿を見ていない、				
型紙や縫製面で 教わった技術をさらに進化させようとしないといった・・・。				
				
また、それぞれの専門分野(スーツはテーラー、靴の職人は靴・・・)においての知識、				
美学があっても トータル(全体、全身の)のバランス、美しさを計算できないことが多い。				
				
小栗は進んできた道が 他の職人達と違うので考え方も違います。				
彼は、まず一人一人のお客様が最も美しくい姿となる全身のバランスを考えます。				
彼は、その美しさを損なわずに、最高の着心地が得られるスーツをつくります。				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
Bespoke Tailor Oguri				
コンセプト「日本の伝統技術を生かし、個々の個性を重んじるモノづくり」				
				
日本の職人の手仕事によるオーダーメイドのお店です。				
オーダーできるアイテムは				
スーツ、シャツ、靴、鞄、革小物、シルバーアクセサリーなど				
				
世界には、既製品のセレクトショップ(百貨店)がたくさんあります。				
しかし、私たちのようにビスポークをトータルで提供する店は少ないでしょう。				
				
Oguriは素材開発にも力を入れています。				
服地、裏地のデザインを手がけ、オリジナルの素材を製作しています。				
日本独特の柄を取り入れたスーツ地やメッシュの裏地などは特に人気です。				
				
ビスポークスーツ	Oguri 独自の裁断、縫製技術によりエレガントでシャープなシルエット			
	でありながら 最上の着心地を提供します。			
				
ビスポークシューズ	Oguriのエレガントな木型とデザインを日本一の靴職人 関信義が			
	手がけています。			
				
ビスポークシャツ	スーツ工学を用いた独自のパターンにより			
	この上ない着心地と美しいスーツスタイルを実現します。			
				
アクセサリー	茶道具を手がける 京都の純銀細工職人が手彫りで仕上げます。			
	指輪やペンダントトップ、カフリンクス、ベルトのバックルなど			
	※ Oguriの靴の金具、シューレースのチップもこの職人の手製です。			
				
革製品	日本の職人による総手縫いの革製品			
	バッグ、サイフ、ベルトなど 全て手縫いでつくりあげます。			
※ お客様のご要望をお伺いし、全てのアイテムのデザイン、絵型を小栗が手がけます。				
				
店名	Bespoke Tailor Oguri			
代表	小栗栄太			
事業内容	スーツ、靴、シャツ、革製品、アクセサリーの誂え			
	OEM			
	型紙製作			
住所	〒604-0094			
	京都市中京区烏丸通蛸薬師上る七観音町638 東洋烏丸ビル3F			
電話	075-253-1838			
FAX	075-253-1839			
E-mail	info@eitaoguri.com			
Web Site	http://www.eitaoguri.com			
					
We value customer's individuality. 					
					
We make a suits, shirts, shoes, bags, leather goods and accessories made of silver.					
 These are all handmade by artisan in Japanese.					
					
The world is ready-made selection of shops (department stores), there are many.					
However, shops that offer Bespoke In total we would like less.					
					
Oguri is an emphasis on material development. 					
We are making the original cloth and linings.					
Especially, cloth of traditional handle of Japan and the lining of the mesh are popular. 					
					
Bespoke Suit	Oguri suits are very comfortable, and the silhouette is elegant, and it is Sharp. 				
	We make suits in their own cutting and sewing.				
					
Bespoke Shoes	The last of Oguri is very elegant. 				
	The shoemaker of the top of Japan is making shoes of Oguri. 				
	His name is Nobuyoshi Seki. 				
					
Bespoke Shirt	Our shirt applies the pattern of the suit and makes it.				
	They produce the best comfort and beautiful suit-style. 				
					
Accessories 	The accessories of Oguri are hand-carving. 				
	Oguri accessories are making a silversmith in Kyoto.				
					
Leather goods	Bag, wallet, and belt, etc.				
	These are all hand-sewn. 				
					
					
Company name	Bespoke Tailor Oguri				
Established	September, 2000				
President 	Eita Oguri				
Activity 	Tailor -made  suit,Shoes,Shirt,Accessories				
	Original Equipment Manufacturer				
	Paper pattern 				
Address	Toyo Karasuma BLD.3F,Shichikannon-cho,Nakagyo-ku,Kyoto City,604-0094 JAPAN				
TEL	(+81)75-253-1838				
FAX	(+81)75-253-1839				
E-mail	info@eitaoguri.com				
Web Site	http://www.eitaoguri.com	

				
プロフィール				
小栗栄太				
				
彼は BespokeTailor Oguriのコレクション全てのデザイン、企画をしています。				
また 採寸、寸法出し、フィッティングも彼が行います。				
スーツは、採寸から縫製までの全行程ができます。				
彼は学校で縫製を教えます。				
				
				
1992〜	大学在学中より 京都のセレクトショップにてバイイング、MDに携わる			
1997〜	株式会社FIGO にてバッグ、洋服の販売、企画、バイイング			
1998〜	クラシックカー、絵画のギャラリーのマネージャーとなる			
	そのギャラリー内で 自身のブランドの前身をつくる			
2000〜	Bespoke Tailor Oguri(旧店名 Sinner)を開業			
	(スーツをはじめ、靴、シャツ、鞄などの革製品			
	シルバーアクセサリー等のオーダーメイド)			
				
2002〜	スーツの仕立ての修行をはじめる			
2006〜	職人として技術を習得			
				
	現在に至る			
				
				
彼の経歴は少し変わっています。				
				
彼は 大学でファッションではなく心理学と解剖学を学びました。				
それらはお客様と話し合いながら、ともにつくりあげていく“ビスポーク”において				
とても生かされています。				
				
また セレクトショップでの販売、バイイングを通じて、世界中のあらゆるブランド、				
商品を目にし、様々なアイテムの企画、デザインも経験しています。				
故に Oguriのコレクション全ての企画デザインが可能なのです。				
				
車、絵画のギャラリーという、ファッションとは違う分野での経験も				
彼のデザイン、モノづくりに生かされています。				
					
				
職人になった経緯				
彼はデザイナー、プロデューサーとして店を始めたが、				
開業して2年が経ってから 職人としての修行を志す。				
スーツの仕立てを担当していた職人から、後継者がいないという話を聞き				
自分が後を継ぐことを決意。				
当初より展開していた 日本一の靴職人と称される関信義がつくり上げるOguriの靴				
にふさわしいスーツをつくりたいという思いもそこには強くあった。				
				
				
彼は自身の店を経営しながら、5年間の修行を続け技術を身につけました。				
その後 独自の型紙、裁断、縫製技術を確立し、Oguriのエレガントな				
シルエットが完成しました。				
現在は50年以上のキャリアを持つ職人達を指導する立場となり				
彼らから厚い信頼を得ています。				
				
				
職人の世界は若いうちから修行に入るため、視野が狭く、偏った考えになる傾向にある。				
そこには様々な理由があります。例えば				
カッターとテーラーは分業である、縫製を担当する者が実際にお客様の姿を見ていない、				
型紙や縫製面で 教わった技術をさらに進化させようとしないといった・・・。				
				
また、それぞれの専門分野(スーツはテーラー、靴の職人は靴・・・)においての知識、				
美学があっても トータル(全体、全身の)のバランス、美しさを計算できないことが多い。				
				
小栗は進んできた道が 他の職人達と違うので考え方も違います。				
彼は、まず一人一人のお客様が最も美しくい姿となる全身のバランスを考えます。				
彼は、その美しさを損なわずに、最高の着心地が得られるスーツをつくります。				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
				
Bespoke Tailor Oguri				
コンセプト「日本の伝統技術を生かし、個々の個性を重んじるモノづくり」				
				
日本の職人の手仕事によるオーダーメイドのお店です。				
オーダーできるアイテムは				
スーツ、シャツ、靴、鞄、革小物、シルバーアクセサリーなど				
				
世界には、既製品のセレクトショップ(百貨店)がたくさんあります。				
しかし、私たちのようにビスポークをトータルで提供する店は少ないでしょう。				
				
Oguriは素材開発にも力を入れています。				
服地、裏地のデザインを手がけ、オリジナルの素材を製作しています。				
日本独特の柄を取り入れたスーツ地やメッシュの裏地などは特に人気です。				
				
ビスポークスーツ	Oguri 独自の裁断、縫製技術によりエレガントでシャープなシルエット			
	でありながら 最上の着心地を提供します。			
				
ビスポークシューズ	Oguriのエレガントな木型とデザインを日本一の靴職人 関信義が			
	手がけています。			
				
ビスポークシャツ	スーツ工学を用いた独自のパターンにより			
	この上ない着心地と美しいスーツスタイルを実現します。			
				
アクセサリー	茶道具を手がける 京都の純銀細工職人が手彫りで仕上げます。			
	指輪やペンダントトップ、カフリンクス、ベルトのバックルなど			
	※ Oguriの靴の金具、シューレースのチップもこの職人の手製です。			
				
革製品	日本の職人による総手縫いの革製品			
	バッグ、サイフ、ベルトなど 全て手縫いでつくりあげます。			
※ お客様のご要望をお伺いし、全てのアイテムのデザイン、絵型を小栗が手がけます。				
				
店名	Bespoke Tailor Oguri			
代表	小栗栄太			
事業内容	スーツ、靴、シャツ、革製品、アクセサリーの誂え			
	OEM			
	型紙製作			
住所	〒604-0094			
	京都市中京区烏丸通蛸薬師上る七観音町638 東洋烏丸ビル3F			
電話	075-253-1838			
FAX	075-253-1839			
E-mail	info@eitaoguri.com			
Web Site	http://www.eitaoguri.com			
Tagged with:
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *